/雑談・その他/雑談/バジル農園
ハゲ確定判決(5comment)
■このスレッドを新規ウィンドウで開く
point:1   views:7039   ▲vote point for this BBS+
作成:2019-07-06 12:49:09   created by:5a45661b63
更新:2019-10-25 01:22:30


【tags】

ページング表示
(1ページ目)
→|最新コメント50
Last Comment 50
|←ALL→|
全表示
All Comment
1/1
↓↓~このページの最下行コメントに移動する~↓↓

1:  (no_name)  2019-07-06 12:49:09  #5a45661b63   【×】このコメントを非表示にする

父側の祖父=ハゲ、母側の祖父=ハゲ
逃げ場は無い

  ▲good+0
  ▼bad-0
  ■total=0

2:  no_name  2019-07-06 19:22:05  #1a810aafaf   【×】このコメントを非表示にする

まだ頑張るんだ!
  ▲good+0
  ▼bad-0
  ■total=0

3:  (no_name)  2019-07-10 21:03:48  #fbade75434   【×】このコメントを非表示にする

↓これを使いなはれ

人間の血漿を使い「骨」や「頭皮」を再生する3Dプリンターの開発に成功
https://gigazine.net/news/20190710-3d-printed-skin-and-bone/

このような背景から研究・開発を続けていたドレスデン工科大学病院の科学者と国際宇宙ステーション搭載を目的とした大型微小重力用3Dプリンタを開発するOHB System AGは、プロジェクト初の3Dバイオプリントされた骨と皮膚のサンプルを発表しました。

ドレスデン工科大学病院のNieves Cubo氏は「バイオプリントされた皮膚細胞は人間の血漿を栄養豊富な『バイオインク』として使用します。これはミッションを遂行するクルーたちが簡単に手に入れられるものです」「ただ血漿は液体なので地球と重力の異なる環境ではうまく機能しません。そこで私たちはメチルセルロースとアルギン酸を加えることで粘度を上げました。自給自足が求められる宇宙で、宇宙飛行士たちはこれらの物質を植物や藻類から手に入れることができます」と述べています。

バイオプリンティングが宇宙で実現可能かどうかを確かめるため、皮膚と骨のサンプルの出力は上下逆さまの状態で行われたとのこと。次回はマイナス1Gの環境下でより長い時間をかけて実験が行われる予定です。

  ▲good+0
  ▼bad-0
  ■total=0

4:  (no_name)  2019-10-21 12:07:32  #e5f5deb419   【×】このコメントを非表示にする


  ▲good+0
  ▼bad-0
  ■total=0

5:  (no_name)  2019-10-25 01:22:30  #aa54bac9ed   【×】このコメントを非表示にする

科学者は?A週に52時間以上働いたお前らがオフィスで40時間未満過ごした人の2倍の速度で髪を失ったことを発見しました。

彼らは、残業によるストレスが主な原因である可能性が高いといいます。
13000人以上の雇用されているお前らを調査したこの研究は、脱毛に対する長時間労働の影響を具体的に最初に調べたと考えられています。

ストレス中に起こるホルモンレベルの変化は、体のいくつかの領域に大混乱をもたらす可能性があります。
これらの余分なホルモンが作られると、それらはお前らの頭皮の毛包の成長パターンを抑制してしまいます。
以前の研究では、ストレスが免疫系にこれらの卵胞を攻撃させることが示されていますが、理由はまだわかっていません。

また、ストレスは髪を早発的に退行期、すなわち「休止期」、つまり髪の活発な成長の終わりに入れると考えられています。

この段階では新しい毛は成長していないため、抜け落ちた場合、ハゲた部分はその場所にそのまま残ります。
この研究の背後にある学者たちは今、政治家に人々が雇用できる時間数を制限するように促しています。

https://www.dailymail.co.uk/health/article-7600335/Working-long-hours-make-BALD.html

  ▲good+0
  ▼bad-0
  ■total=0
■お名前
   ★CAP



■動画URL


■画像URL


1/1